尻 保湿クリーム

MENU

お尻の保湿をしっかりおこないたい場合におすすめのクリーム

このページではお尻の保湿クリームについて詳しく書いています。
尻,保湿,クリーム

 

お尻の肌の保湿に効果的なクリームを探している
お尻の黒ずみや肌荒れが心配な時にどんな保湿クリームを選んだらいい?

 

という方にとって参考になれば幸いです。

お尻のカサカサや乾燥の他に悩みがあるときはヒップ用のクリームが便利

お尻の乾燥対策のことだけを考慮するなら全身用のボディクリームやローションなどでの保湿で十分です。

 

ですが、カサカサしてかゆくなったり、くすみが気になるようならヒップ用クリームが便利でオススメです。

 

保湿成分だけでなく、ニキビなどの吹き出物、黒ずみなどお尻の肌トラブル対策を想定した成分もプラスしています。

 

コンディションを効率よく整えていくならお尻の肌の事がちゃんと考えられたものを選ぶのがいいです。

 

おしりって毎日下着のムレや圧迫などでダメージを受けやすく無意識のうちにストレスをため込みやすくいです。

 

日々のヒップケアでしっとりつるんとした状態をキープしていきましょう。

 

薬用プチノンの特徴

プチノンの特徴は

■セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン他4種類のメイン保湿成分
■ニキビ・黒ずみ・たるみ対策にも目を向けた厳選成分もプラス
■美容成分を98.5%の比率で配合
■敏感肌の方にも使いやすくした優しい低刺激処方
■製造工程〜品質管理が徹底された国内工場で生産

という感じとなっています。

価格 8000円
評価 評価5
備考 税別。1本50g。定期便初回購入時は2980円で返金保証付き。
薬用プチノンの総評

美容成分の種類の多さや質だけでなく、多重層カプセルにより浸透力にもちゃんとこだわっていてお尻の肌の悩みを考えたケアを効率よく行え、安全性にもしっかりこだわった仕様となっています。 定期購入では初回の価格が安くなるだけでなく、30日間の返金保証・コンシェルジュサポート・継続利用割引などのおトクな特典もあり、安心してお手入れをスタートできるようになっています。

Peach Rose(ピーチローズ)の特徴

ピーチローズの特徴は

■高分子・超低分子の2タイプのヒアルロン酸、セラミドで潤いサポート
■美白ケア:プラセンタとアルブチン
■無着色、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリー
■マッサージジェルとしても使用OK

といったようになっています。

価格 10000円
評価 評価4.5
備考 税別。内容量60g。定期コースは48%オフの5695円。
Peach Rose(ピーチローズ)の総評

ピーチローズは結構早くから販売されてて人気の商品です。累計販売個数も34万個を突破していますからね。
チューブ容器にリニューアルとなってからより衛生的で、持ち運びもしやすくなって、旅行の時に持って行きたいという時でもポーチに入れやすくなりました。
プチノンと比較すると初めて購入する際の価格が高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ただ、二回目以降の価格はこちらの方が安く続けることができますし、少しでも安い方がいいという場合にはこちらが合いそうです。

プラクネの特徴

プラクネの特徴は

■ニキビ、ニキビあとや予防まで同時ケア
■独自のトリプルセパレート方式によるケアを採用
■美白ケア:水溶性プラセンタエキス・アセロラエキス・カッコンエキス
■保湿成分:コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド
■180日間の満足度返金保証付き

といったようになっています。

価格 6800円
評価 評価4
備考 税別。内容量60g。定期コースの場合は初回1800円、2回目以降は5440円。
プラクネの総評

お尻や背中、デコルテなどのニキビケア用として開発されているクリームで肌荒れを抑える成分が充実しています。
保湿力アップのために独自開発のケア方式を採用しているのも特徴です。
肌荒れケアや予防成分、保湿力にこだわりたい方にむいているといえるでしょう。

ヒップルン薬用ホワイトクリームの特徴

ヒップルン薬用ホワイトクリームの特徴は、

■保湿成分は3つのサイズのヒアルロン酸・セラミド・トレハロース
■セラキュート・ホメオエイジ・ポリリフトのハリ感アップ成分配合
■お尻の角質ケア用スクラブとのセット購入も可能

といった感じとなっています。

価格 1980円
評価 評価4
備考 税別。内容量120g。定期コースは1782円。
ヒップルン薬用ホワイトクリームの総評

他の商品よりも手ごろな価格で使い続けやすい保湿クリームとなっています。
一本の容量も多いですから、定期購入にしても二ヶ月ごとのペースと長めとなるので、新しいのを買い足す間隔も延びるので、そのぶん煩わしさが減りますね。
コストを抑えてお手入れすることを重視したい方にはとても使いやすいものとなるはずですよ。

お尻保湿クリームは肌のガサガサ、ぶつぶつ、黒ずみが気になる前から塗るのが大切

お尻保湿クリームは肌のガサガサやぶつぶつ、黒ずみ、くすみが気になり出す前から使うのが理想です。

 

これらの肌トラブルはひどくなれば回復するまでに時間がかかるからです。

 

美尻とはほど遠い状態で過すのは気持ち的にもやはりストレスになりますし、そうならないためにも毎日お手入れをしておくことを習慣化するようにしてください。

 

また、お尻用として開発されている保湿クリームは、肌に適した成分で潤い補給をするだけでなく、塗った後のスベスベ感を感じられるものが多くなっています。

 

1日すごすなかでスベスベした状態でいるのとそうでない場合のどちらの時間が長いかによっても、ショーツの摩擦の程度は違ってきますよね。

 

肌に対するストレスを増やさないためにも忘れずお手入れするようにしましょう。

お尻保湿クリームの使い方のコツやポイント

 

毎日きちんとケアしておきたいお尻保湿クリームの使い方のコツやポイントとしては、

  • 清潔な状態で塗る
  • 適量をまもる
  • 毎日忘れずにお手入れする

この点に注意したいです。

 

皮膚に汚れや汗がついている状態だとクリームの馴染みや成分の吸収に影響する可能性がありますので、お風呂上がりなどの衛生的な状態になっているタイミングで塗るようにしてください。

 

適量をまもることも大切です。多少多めに塗る分には問題ありませんが、少なすぎると十分な保湿ができなくなってしまうので避けたいところです。

 

そして何より大切なのは毎日お手入れを継続していく事です。

 

ちゃんと塗ったかどうかわかるように、スマホやお部屋のカレンダーなどでチェックするようにしましょう。

 

保湿ケアのタイミングとしては、夜お風呂に入った後と起床後がおすすめです。

 

特にお仕事や学校の授業で長時間座ってすごすという方は、朝のお手入れを忘れないようにしてください。

お尻の保湿にいいクリームの選び方

お尻の保湿クリームの選び方ですが、

 

  • 保湿成分の質にこだわっている
  • 保湿成分以外の配合成分が充実している
  • 低刺激
  • 続けやすい価格

まず三大保湿成分といわれているセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンが使われているお尻保湿クリームを選ぶようにしてください。

 

とくにセラミドはコラーゲンやヒアルロン酸の保湿成分の底上げなどの作用も期待できるので一緒に配合されたものがおすすめです。

 

また、お尻のニキビややふっくら感、透明感も気にしたいなら三大保湿成分以外も充実したものを選びましょう。

 

炎症を抑える作用のある成分や、美白成分など、配合成分をチェックするようにしてください。

 

それから補足的な要素となりますが、旅行や出張の機会が多い方ならもち運びがしやすいサイズの容器である方が便利です。

 

クリームの場合は液体とは異なり、衛生面や、成分変化も別の容器に取り分けて持ち運ぶというのは現実的ではありません。

 

大きな容器はかさばりますから、持ち運びに負担とならないものかどうかということも考えておく必要があるかと思います。

私が一番おすすめなのは1位のプチノン!

ここまでお尻保湿クリーム3つご紹介しましたがいちばんオススメはプチノンです。
尻,保湿,クリーム
保湿成分だけでなくその他の美容成分も充実していて高濃度配合しています。

 

定期購入を利用すると30日間の返金保証がつくので安心してお手入れをスタートできますし、二回目以降も特別価格で続けることができるのもうれしいポイントです。

 

さらに専属のコンシェルジュへの使い方の相談もできるようになるなどサポートも充実しています。

 

お尻の肌の悩みって誰にでも気軽に打ち明けられるというものでもなく、デリケートな事なので、何か疑問に思うことがあった時すぐに親身になって相談にのってくれる存在がいるというのは心強いですよね。

 

>>プチノンの公式ページはこちら<<